子育てのイライラ・・・果たして原因はどこから来るのか

さて今日は子育てとイライラについて。

子育てをしていたら自分の意志とは裏腹に毎日の生活の中に潜むイライラは付き物。

いつもニコニコ笑顔でいたいのに。

いつも子供と楽しくいたいのに。

理想と現実の狭間に立って感じた初めて感じた育児の難しさ。

どこかに私と同じような人もきっといるはずと信じながらもこんなに子育てを上手に出来な
いのは自分だけという思いを抱えながらいつも心にある葛藤に押しつぶされそうな毎日。

誰もわかってくれない
誰かにわかってほしい

きっと世の中のママは誰にも言えない感情を持っているはずと思いながら私が感じた育児の中でのイライラのお話。

育児ノイローゼ

困るママ

今では聞き慣れてきましたが育児ノイローゼという言葉がありますね。

それほどに子育て、育児とは思い通りに行かないものです。

めいたろが生まれる前までは自分の子供って可愛くて仕方のないものだと思っていました。

何にイライラするんだろう・・・。と。

だけどいざ実践となるとイライラの連続でした。

寝れない。

食べれない。

泣き止まない。

今まで当たり前に出来た事の一つ一つが何もできなくなりました。

ご飯も白ご飯に海苔だけ。

むしろそれが食べれるだけましでした。

そんな生活をしていると精神衛生上良くありません。

些細な事でイライラしてきます。

それでもめいたろがまだ赤ちゃんの間はなんとか耐えていました。

意思の疎通が出来ないうちは仕方ない。

伝えたいのに伝えられないめいたろ。

わかってあげたいのにわかってあげられない私。

つくづく子育てってカオスだなと思いながら。

子育てのイライラって私だけ?

以前もお話ししましたがめいたろも2歳を超す頃自己主張の塊になっていきます。

そんな中私がずっと考えていたこと。

「みんなはイライラしないのかな。
自分の子供にこんなにイライラする自分がおかしいんじゃないか。」
そんな悩みにかられながらも自分ではどうすることもできませんでした。

今では何でもネットで調べる事が出来ますよね。

私も何かあれば色々調べていました。

出てくるネットの中の見知らぬ誰かの子育て。

みんな充実した育児生活を送ってる・・・。

可愛い離乳食を作って規則正しい生活を送って休みの日には家族で公園に行って。

羨ましいなーなんて思いながら自分の生活をなんとか過ごしていました。

めいたろが3歳にもなる頃本気で病院に行こうか悩みました。

でも悲しいかな。

お金かかるし時間ないし・・・。

しかもその間めいたろどうしよ・・・。

誰にも言いたくないし・・・。

そんな理由で断念。

まぁ今思えばその程度だったのもしれませんね。

それでも本気で自分の頭はおかしいと思ってました。

そしてそれは今でも変わっていません。

なんでもっとうまく感情のコントロールが出来ないのか。

みんなはちゃんと出来てるのに。

頭でわかってはいます。

もちろん後悔なんて毎日です。

それでも。

こんな自分が子育てしてていいのかなんて思っていますがするしかありません。

めいたろはそれで幸せなんだろうかと思いながら。

育児の辞表

子供

今回はなんとなく簡潔に書きました。

事細かに書くと自己嫌悪で今夜は寝れなくなります。

みんなも少しは共感できる部分があれば救われます。

共感できるところがない方が世の子供には良いのかもしれませんけどね。

うまくいかないのが人生です。

めいたろがそろそろ5歳を迎える今現在。

まだまだイライラの毎日です。

つらい、きつい、しんどい、やめたい。

そんな気持ちを受け止めてくれる人なんてどこにもいません。

「つらい、きつい」
なんて言ってしまえば返って来る言葉は

お前の子供だろう
やって当たり前
子供が可愛くないのか

わかってる。

そんな事は自分でもわかっているのです。

それでもうまくいかないのが育児。

味方がいなくても頑張るしかありません。

頑張れなくてもするしかありません。

心が限界を迎えても超えていくしかないのです。

子供はいつでも目の前にいるから。

心の限界を超えた私の心はどうなるのか。

今の私には知る由もありません。

「母は強し。だけど人間なのです」

そう誰か一人でもわかってくれる人がいれば何か変わるかもしれません。

私たち母親は周りに完璧を求めらますが私たちだって人間なのです。

イライラもすれば何もかもがイヤになる時があります。

しかし育児に辞表は通用しない。

辞めたきゃいつでも辞める事が出来る仕事とは違います。

それでも私は通用しないとわかっている育児の辞表を心に今も何とか一人の親として頑張っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする