子供の夜泣きがひどい!この寝不足いつまで続くの?

子供の夜泣きに悩み、寝不足なっているママは少なくないでしょう。

各言う私も子供の夜泣きに悩まされた一人。

赤ちゃんの頃の夜泣きとは違い、お腹が空いているわけでもなく、オムツが気持ち悪いでもなく、ただただ理由もわからずに泣く我が子に途方にくれる日々を送りました。

いつまで続くのか、いつになったら朝まで寝られる日が来るのかわからず疲弊しきっているママ私の体験談と共に子供の夜泣きの乗り切り方を紹介します!

大丈夫。

いつかきっと終わりは来ます。

子供の夜泣きはいつまで続くの?

泣く赤ちゃん

では、まず子供の夜泣きはいつまで続くのかですね。

はっきり言わせて頂くと、個人差があるのでいつまでとは言えません。

しかし、平均すると生後半年くらいから始まり3歳までには大体の子供の夜泣きは治まると言われています。

2年半となると、つらく長い時間に感じますよね。

でもこれはあくまで平均値です。

ちなみに私の子供は生後8か月に始まった夜泣きは2歳半まで続きました。

でも、この期間ずっと夜泣きをしていたかというとそうでもありません。

2か月泣かない時があれば1か月毎日夜泣きをする時があったり・・・。

色々なスパンで泣いていたので、次はいつ泣き始めるのか不安でしかたがありませんでした。

子供の夜泣きも3歳までには落ち着くと言われているので、それまでは何とか夫婦協力してがんばるしかありません。

そもそも子供は何故夜泣きをするのかも解明されていないそうです。

日中の体験が夢となり脳内で整理されている為、昼に怖い思いをしたりすると悪夢になって夜泣きをしたり、まだ睡眠の感覚が上手に取れていないので眠りが浅く夜中に目が冷めて怖いと感じないてしまうなど所説あるそうです。

子供も何かしらを感じ成長過程として夜泣きをしているので、今だけは付き合ってあげるしかないのかもしれませんね。

しかしいくら子供の成長とはいえ、ママだって寝不足になれば疲れは取れません。

昼の時間を有効に使うようにして乗り切りましょう。

寝不足が続いた時の対策

寝る女性

子供の夜泣きで寝不足が続いた時にはどうすればいいのでしょうか?

はっきり言って寝るしかありません(笑)

寝不足の解消法は寝るしかないのです。

本来寝たいはずの夜に夜泣きで寝れないのだからそんな事言われてもと思いますよね。

そりゃそうです。

しかし、夜に寝れないのなら昼に寝ちゃいましょう。

2歳~3歳の子供であればまだ昼寝をする子がほとんどです。

本当なら子供が昼寝をしている時間に家の事をしたい気持ちはわかりますが、背に腹は変えられません。

家の事なんて多少出来てなくても死にはしません。

そんなのほったらかして寝てください。

家の片付けなんてママが元気な時にすればいいのです。

子育てはママの元気が資本になります。

ママが倒れてしまってはどうにもなりません。

私なんて子供が夜泣きをしている時期には余裕で昼寝3時間とかしていました。

最早夜寝る時間より長い程です(笑)

寝れる時に寝て家事は出来る時に出来る限りだけすればいいのです。

肩ひじ張って家事も育児も完璧にする必要はどこにもありません。

夜寝れない分は昼寝をして帳尻を合わせて下さい。

無理をして昼に家の事をする必要はありません。

自分の体を優先して下さいね。

夜泣きにイライラしてしまったら

help

ママだって人間。

寝れなければそりゃイライラする時もあって当然です。

私も2時間も3時間も子供を抱っこして夜道を散歩していれば泣きやまない子供にイライラだってしていました。

「なんで私だけ・・・」

そう思うのは当たり前です。

しかし、それで子供に当たってしまっては子供の夜泣きはひどくなる一方です。

子供の夜泣きにどうしてもイライラしてしまいどうにもならない時には旦那さんを頼りましょう。

だって今泣いている子供は2人の子供だからです。

もちろん旦那さんも仕事をしていて大変かもしれません。

しかし寝れないつらさは何にも代えられないほどきつくつらいもの。

1日だけでも1時間だけでも。

旦那さんを頼ってください。

出来ればどうにもならなくなる前に。

子供の夜泣きに悩まされるママは多くいます。

中でも多いのは旦那さんの協力を得る事が出来ずに一人で抱え込んでしまっているママです。

誰にも相談できずに一人で何とかしなきゃと思ってすべてを背負いこんでしまうのです。

正直にいうと子育ては一人で出来るものではありません。

どんなに出来るスーパーウーマンでも子供を一人で育てるのは並大抵の事ではありません。

小さな体に秘められた大人を振り回す力は未知数です。

全身全力で感情表現をぶつけてくる小さな人間はどんなに大きな大人でも敵いません。

せっかく一つ屋根の下に大人が二人いるのであれば協力しましょう。

二人力を合わせて子育てをする時間は限られています。

「限られた子育てを夫婦二人で」

いつしかあんな事があったねと笑える日が来ますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする